めん八珍とらーめん山頭火

らーめん山頭火

北海道はラーメンの激戦区で、旭川市も当然のようにラーメン店が無数にあります。
その中で一番のお勧めがこの「らーめん山頭火」です。
国内外に50店舗以上あり、カップラーメンなどでも販売しているので、ラーメン好きで知らない方はほとんどいないのではないでしょうか。
実はこの旭川市が発祥の地です。本店ですね。旭川駅前やラーメン村、我が家のすぐ近くにもお店があります。
私はどこのラーメン店を訪れても「塩ラーメン」しか食べません。こだわりです。
らーめん山頭火は旭川市でも珍しく「塩ラーメン」をメインにして作られた店です。(もちろん味噌や醤油味を頼む客もいますが)だから塩ラーメンへのこだわりは他店をしのぎます。
塩ラーメンでも、普通のラーメンもあれば、チャーシューメンもあります。ただ、らーめん山頭火に行くのであればぜひ召し上がってほしいのが「とろ肉らーめん」です。値段はそれなりにします(1,200円以上)が、それだけの価値があると思っています。
まず、この「とろ肉らーめん」は、麺と具が別皿で来ます。
加減は自分次第ですね。(そこも気に入っている理由のひとつです)
一気に全部入れる人もいれば、自分のように2割ずつくらい入れていって食べる人もいます。
スープは白濁で、すっきりとした塩味です。温度は他の店より熱くありません(店によっては山頭火でも少し熱めのところもありますが)全部具を入れてしますとぬるくなってしまうと思います。
麺は細麺です。札幌は太麺が多いですが、旭川は同じ北海道でも細麺が多いですね。
チャーシューは「豚のとろ肉」です。豚の頬の部位ですね。とろのように味がいいのでとろ肉と呼びます。
普通のチャーシューよりもあっさり食べられるのが特徴です。
熱さ、麺の噛みごたえ、とろ肉の柔らかさともに「優しく」作られている印象があります。
あとは梅干しが必ずつきます。しなちくは太め。メンマは最近は細かくされている店が多いですが、昔は厚めのものを使っていました。

とにかくさっぱりとした口当たりで、スープも思わず最後まで飲んでしまうほどまろやかです。
塩ラーメンひとつをとっても名店が立ち並ぶ旭川市ですが、らーめん山頭火は何度食べても飽きないのが不思議です。
らーめん山頭火のメインが塩ラーメンなので、行くのならばぜひ、「塩のとろ肉」食べてみてほしいですね。
やみつきになること間違いなしです。